So-net無料ブログ作成

元400メートルハードル日本代表の為末大  ツイッター炎上の纏め 

為末大 ツイッター炎上の纏め

3.jpg






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
為末大 生まれ持った才能事件


hqdefault (1).jpg

陸上界で活躍した日本のトップアスリートの為末大さん(35)がツイッターで、「やればできると言うがそれは成功者の言い分であり、例えばアスリートとして成功するためにはアスリート向きの体で生まれたかどうかが99%重要なことだ」と持論を展開した。すると、「身も蓋もない」「道は努力で切り開くもの」などと批判が殺到し「炎上」した。

為末さんはこの「炎上」を受け「努力だけでオリンピック選手にはなれない」などと2013年10月28日にツイッターで寄せられた批判に応戦した。
アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%


今回の議論の発端となったのは13年10月21日のこんなつぶやきだった。
「成功者が語る事は、結果を出した事に理由付けしているというのが半分ぐらいだと思う。アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%。そして選ばれた人たちが努力を語る。やればできると成功者は言うけれど、できる体に生まれる事が大前提」
これに対し、ツイッターやネットの掲示板で反論が多数出ることになった。それはこんな具合だ。

「指導者の立場として『努力は報われる』と励ますべきだろ!」
「志そうとする気持ちがないと、才能が合っても開花しないわけだし 努力することが無駄っていうのは言い方としてダメじゃないかな」
「みんなイチローや中田である必要はないし、やる事に意義はある」

「為末さんは、本当の事を言いさえすれば、成功者としての義務を果たせるもんだと思っている」
批判している人たちの多くは為末さんの意見が「正論」であることは分かっているようなのだが、日本のトップアスリートがそれを言ってしまうのは身も蓋もないことだし、夢も希望もない、現在努力し頑張っている人に失礼だ、ということで怒っているようなのだ。また、「世の中は公平で理不尽ではない」と信じている人もいて、そうした様々な思いが「炎上」につながっている。


こうした批判に対し為末さんは13年10月28日に「努力で成功できるか」と題したツイートを展開した。
「頑張れ!よりよく頑張ったねもう十分だよ」の方が救われる
そこにはおおよそこんなことが書かれている。


成功する可能性があるものを目標に置いた場合は努力すれば叶うかもしれないが、オリンピック選手になるのは難しく、才能と、環境がまず重要で、それが努力よりも先にくる。人生の前半は努力すれば夢は叶うということでいいと思うが、どこかのタイミングで自分を客観視しなければ人生が辛くなる。なぜかというと、努力しても夢が叶わなかった場合は自分の努力不足だと思ってしまうからだ。


だから、努力原理主義を抜けられなかった人は、こんな自分を許せなくて何かを呪って生きていくことになる。
そして、人間の能力はそれぞれだから一つの事に縛られるなんてもったいない、とした。そして最後に、
「がんばれ、より、よく頑張ったねもう十分だよ、の方が救われるステージがあると思うのです」
と締めくくった。


この「反論」を受けて、なぜ今回「炎上」状態になってしまったのか理由がわからない、という声も多数ある。一方、為末さんの意見は正論過ぎてつまらないし、努力すればイチローやダルビッシュになれるなどと本気で思っている人は少数であり、そうした中でも夢をうるロマンがアスリートにあってもいいはずだという人もいる。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
為末大 サッカー事件

hqdefault.jpg
為末大氏、「結果出してからいえぼけ」とサッカー日本代表を批判するユーザーにズバリ指摘

「ほとんどの方の人生より今回の日本代表の選手達の方が、結果を出されている」
元陸上競技選手で現在はスポーツコメンテーターとしても活動する為末大(ためすえだい)氏が、Twitterでユーザーと討論になる一幕があった。


事の発端は、6月30日に投稿したツイート。為末氏は、なぜ日本代表に対して、罵倒にも近い批判が許されるのかが気になっているようだ。

さまざまな意見が為末氏のもとへ寄せられる中、あるユーザーから「結果出してからいえぼけ」と、敗退した日本代表を罵倒するかのようなリプライが飛んだ。


これに対し為末氏は「言いにくい事ですが、人生の結果からいえばおそらくはほとんどの方の人生より今回の日本代表の選手達の方が、結果を出されているように思います」と投稿。


為末氏のツイートに対して、人生に優劣をつけることに異議を唱えるコメントや、そもそも人生の話をしていた訳ではないのではないかという疑問も寄せられ、議論はさらに白熱することとなった。

最終的に、為末氏はユーザーから寄せられた「プロスポーツは商業的エンターテイメントである」から、批判や罵倒が許されるという意見に共感したようだ。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
為末大 HIPHOP事件
027.jpg

これまでもたびたびツイートが炎上してきた元400メートルハードル日本代表の為末大さんの発言が、またしても論議を呼んでいる。
「悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある」と2014年9月18日のツイッターでつぶやき、ヒップホップファンから大ひんしゅくを買ってしまった。
「お前は、何様のつもりなんだ!」と批判殺到
またもや炎上してしまった為末さん(13年10月撮影)
またもや炎上してしまった為末さん(13年10月撮影)
為末さんはこの日、「今日は【憧れの罠】について」として、自身の考えをツイッターに立て続けに投稿。自身の体験を交えつつ、「多くの場合は憧れのまま終わる。ある種憧れの人を設定した時点で、憧れの人を越えないという意識を自分のなかで持ってしまう事にもなる」「コンプレックスとあこがれが混じるとなれないものになろうとしてしまう」など、持論を展開していた。
その流れで引き合いに出したのが、問題のツイートだ。「アメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない。私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない」として、日本人がヒップホップをやることに違和感を覚えるとした。
これにヒップホップファンは猛反発。「ディスってんのか?」「お前は、何様のつもりなんだ!」と批判が殺到した。

為末さんはその後、「昔あるジャズシンガーが、ジャズを真似していてうまくいかなかったけれど、日本風のジャズを作ればいいんだとわかった時にとても勇気が出たと言っていた。それに感動をしたのを思い出した」と投稿。ヒップホップも日本風を目指すべきだと言いたかったのかもしれないが、真意はよく分からない。
炎上は燃え広がり、ラッパーやDJとプロフィール欄に書いている人々からも、

「貴方は、DJですか?ラッパーですか?(中略)何でもいいけどHip Hopしてます?貴方の夢は終わったけど、今、夢の続きを見てる人が冷めます。ほっといて貰えますか??」

「Hip Hopのなんたるかを知りもせず、よくそんな事をのたまうのか?勉強してから否定しなさい!この愚か者!」

「化石みたいな話題引っ張り出してガタガタ抜かすなよ てめえが世界に通用しなかったのをHIPHOPに矛先向けるな」
とコテンパンにやられてしまった。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


為末大さんが言う言葉は
本人的に全く持っての正論なのだと思います。

でもそこに優しさのかけら
思いやりのかけらも無いのが
炎上に繋がるのだと思います。

別にそのことを思って居たとしても
ツイッターなどの拡散メディアでつぶやかなければ
炎上などにはならないのですが、
ヒーローになりたいのか?

多くの人の賛同を得たいのか?

その結果
多くの方を傷つける事にもなるようですねー。

これは前途多難な人生になることでしょうね。

当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
読みましたの変わりにブログランキング ポチしてほしいぃー
【笑劇NEWS】【SHOW劇NEWS】 【衝撃NEWS】
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

TOSHI

為末氏はおそらくどんなに努力しても報われない、夢に届かない場合だって世の中ゴロゴロ存在する。
その時にどう考えるのか?ってことを問題にしたかったのだろうが、言い方、伝え方がダメ。
つまり独り善がり。
努力しても必ずしも報われない場合もあるのは事実で、そんなことは為末氏を激しく批判している人だって百も承知していること。
素直に「努力しても必ずしも報われない場合もあるのは事実」と言うだけでよかったのに、夢を実現しようと頑張ってる奴は、才能は先天的にDNAで決まってて、ハナっから頑張ったってダメな奴はどこまで行ってもダメなこともわからないバカばっかと見下し、やってみなければわからないと頑張ってる人を、やらなくても結果がわかり切っているのもわからないバカと頭から全否定し、しかもそれを「正論」だという風な言い立て方をしたのだから、そりゃ自分はちょっとできるからって何だ!と反発食らうわな。自業自得。
by TOSHI (2015-11-23 04:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。